Slider
ホーム > 製作実績 > 模型製作 > 埼玉県立川の博物館 荒川大模型173

埼玉県立川の博物館 荒川大模型173

  • 所在地:埼玉県大里郡 寄居町
  • 設立主体:埼玉県
  • 開館年度:平成9年(1997)
  • 業務範囲:地形模型製作

本物件は、荒川の源流から河口までの173kmの流域および周辺流域を縮尺1000分の1、等高線仕上げで再現しました。
模型本体は、アメリカメンフィスにある同様の模型を視察し、GFRC(ガラス繊維強化コンクリート)製としました。
2m角の原型450枚で構成された全長173mの本模型は日本最大の屋外模型です。
各原型の接合は表面の等高線がずれないよう、下にいれる支柱の高さを設計段階から正確に割り出し、施工にあたりました。また流路には実際に水を流すこともでき、散策しながら学び楽しめる模型として製作しました。
仕様
面積 : 約1,050平方メートル
模型縮尺 : S=1:1,000
垂直方向… 東京湾~標高100メートル×1.5倍、100メートル~最高点×1.2倍
高低差 : 東京湾0メートル~三宝山2,483メートル →3,006メートル
地形形状 : コンタステップ地形仕上
地形本体 : GFRC製 モノトーン単色仕上
道路 : 塗装仕上
高架道路・橋 : ステンレス材加工
鉄道・駅舎 : : ステンレス材貼付
市街地 : 樹脂板埋込
公園緑地 : 指示範囲 樹脂板又は塗装仕上
河川管理施設 : 金属材 ブロック加工
案内板 : FRP擬石仕上 陶板製