Slider
ホーム > 製作実績 > 模型製作 > 世界遺産 今帰仁城屋外模型

世界遺産 今帰仁城屋外模型

  • 所在地:沖縄県今帰仁村
  • 設立主体:今帰仁村
  • 開館年度:平成16年(2004)
  • 業務範囲:模型設計・製作

設計

今帰仁城跡周辺整備計画図
サインとしての立体模型
模型設置をした場所は「ガイダンス広場」と位置付けた、
城跡と周辺資源を結びつける動線の核となるところです。
サインとして「案内」「誘導」「解説」の機能を持たせるだけでなく、世界遺産登録に伴い増加した、
体験学習・見学会・シンポジウム等のニーズにも対応できるかたち。それは立体模型でした。

今帰仁城跡周辺整備計画図
踏査の結果、9つの郭からなる今帰仁城の全体像を見渡せるビューポイントがなく、
また、植物に覆われて石垣の高さ、城の広さが捉えにくいという問題点が挙げられました。

製作・設置

あえて本物の前に縮尺1/100の模型を置く
地形的要素が大きくその役割に反映されている今帰仁城ですが、城全体を鳥瞰できる場所はありません。
また、急峻な地形ゆえ人が立ち入れない所もあり、グスクの全体像は把握しずらい状況でした。
あえて本物の前に縮尺模型を置くことで城の全体像を掴み、これから見学するルートを考えたり、
また逆に見学後に確認したりなど、史跡のガイダンスとしてさまざまに機能します。


今帰仁城現状航空写真

 

模型完成写真

復元建物(マグネット式)
仕様
模型寸法: W7000×D5100
縮尺: 1:100
水平垂直: 1:1
高低差: EL6.4m~107.3m ≒1009mm
地形: FRP製塗装仕上
石積み-概略形状表現
場内平地、地山岩盤
場外エリア-テクスチャー表現
道-掘り込み表現
建物跡-外形凸表現(象嵌)
火の神外形表現(取り外し式)
方位板: 模型上一体表現
注記: SUS板エッチング加工
基礎: 鉄筋コンクリート造り
模型周囲本部石灰岩敷き