Slider
ホーム > 製作実績 > その他 > 菊川市黒田家代官屋敷資料館展示替え及び調湿剤交換業務

菊川市黒田家代官屋敷資料館展示替え及び調湿剤交換業務

  • 所在地:静岡県菊川市
  • 設立主体:静岡県菊川市
  • 開館年度:平成19年(2007)
  • 業務範囲:その他

トリアド工房は文化施設の「何でも屋」です!
大掛かりな展示工事や模型製作・文化財の保存修復の他にも、さまざまな業務を承っております。 今回の「資料館の展示替え」の他にも会場設営、保守点検など文化施設に関わることでしたら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。


黒田家は、室町時代・永禄(1558~1570)の頃から現在の静岡県菊川市に住み、江戸時代には旗本本多日向守の代官職をつとめたことから、住居は「代官屋敷」と呼ばれています。
濠をめぐらした壮大な屋敷は、昭和48年に長屋門と母屋が国の重要文化財に指定され、平成5年には屋敷全体が追加指定されました。屋敷内には「代官屋敷資料館」が併設され、黒田家に関わる貴重な資料が展示されております。

長屋門

耐震対策の梁

母屋

濠・母屋は静岡県浜松市在住のHannzo様からお借りした画像です。ありがとうございました。
尚、非常に興味深いことのひとつに母屋の耐震対策があげられます。これは江戸時代・安政(1854~1860)の地震以後の建物と 考えられ、建材には太い柱や梁を用い、構造的には1.2mで2列に柱を立て、梁を2重にわたした地震対策が施されています。
このことにより、当時から防災意識が高く、建築技術に優れていたことが伺えます。

富士山宝永噴火300年記念 地層剥ぎ取り・地層レプリカ制作業務
鉢形城歴史館・寄居町埋蔵文化センター 出土品展用イラストパネル製作